電子辞書に関する情報を提供していきます。

おすすめの中国語学習モデル

中国語学習モデルは、英語以外の外国語学習モデルの中で、唯一がんばって生き残っている印象です。他の外国語モデルは、1社に以外は全滅してしまったからです。

外国語学習モデルに力を入れているカシオのほかに、キヤノンやシャープのモデルを選ぶことができるのです。

中国語モデルだけは高いものを選んだ方が良いかも│ おすすめは手書き入力機能がついているもの
コンパクトタイプの中国語学習モデル(手書き入力)がありました PW-AC30 │ ちょっと古いですけどね
中国語電子辞書のランキングって言われてもね│ こうなると好みの問題だよね
中国語モデルPW-A9300 の販売価格「高!」│ 4万円近いと学習目的にはちょっとね
シャープが中国語辞典(中日辞典・日中辞典)収録の電子辞書を発売へ│ シャープのモデルは久しぶりかな
カシオ エクスワードの中国語新モデルは出ないのかなあ│ 当面はXD-D7300 で行きそうですね

中国語学習モデルの電子辞書│ 日中・中日辞典収録モデルのご紹介

英語・中国語以外の外国語学習者向けモデル

イタリア語収録の電子辞書を調べたら一択でした│ カシオXD-D7400

イタリア語辞典収録モデルを新しく作るメーカーは、ついに一社だけになってしまったようです。他メーカーで古い機種を継続して販売しているところはあるみたいですけどね。まあ、現実的にはカシオのモデルしか無いと考えて良さそうです。

伊日辞典?伊和辞典?│ 欧米の言語の場合は「和」を使うという解釈で良いのだろうか

英語と日本語の辞書は英和・和英辞典です。中国語と日本語の辞書は中日・日中辞典です。このように外国語辞典の漢字名称には「和」と「日」の両方が使われます。この2つはどのように使い分けられているのでしょうか?昔からの疑問です。

イタリア語電子辞書SR-V540(セイコー)│ どこから入荷しているのだろうか?

SIIのイタリア語学習モデルはかなり古いモデルです。おそらく、既に生産を終えているモデルでしょう。でも、なぜか、amazon.co.jp では新品の入荷予定があるようです。なぜ?

人気モデル・おすすめモデル

ものすごい古いモデルなのに売れ続ける不思議な電子辞書│ シャープPW-M800

amazon.co.jp のランキングによると、シャープのPW-M800 という機種が、電子辞書の売上ランキングトップなのだそうです。でも、このモデル10年近く前に発売されたものなんですよね。新製品が発売されるサイクルから考えると、これは驚くべき事です。

使い勝手に優れたCASIO の電子辞書│ 英語関連のコンテンツも充実

日経トレンディーによると、カシオのXD-D8600 というモデルは、なかなかの優れもののようです。この機種に限らず、カシオのモデルは使い勝手が良さそうですよ。参考にしてみてください。

中学生・高校生向けモデル

電子辞書の中学生向けモデルは辞書と言うよりは学習機だね│ カシオ エクスワードXD-D3850

中学生向けモデルの電子辞書は、どんなものなのでしょうか?そもそも中学生は、辞書なんてほとんど使いませんよね。興味があったので、ちょっと調べてみました。すると、なかなか使い道がありそうなツールである事がわかりました。また、高校に入った後も使えるという意味でも、悪い買い物ではなさそうです。

中学生向け電子辞書なら1万円以下で何とかしたいよね│ 一般向けの安い機種でも十分だとは思います

中学生に電子辞書を買ってあげたい親御さんもいらっしゃるでしょう。でも、中学生に2万円近い電子辞書はちょっと高すぎる気がします。そもそも、電子辞書を与えたところで、使いこなせるのかどうかという問題もありそうです。そこで調べてみたところ、必要最低限のものに絞るなら、1万円の安価な機種で十分そうな気がします。中学生のうちは、とりあえずこのくらいでいいかもしれませんね。

【XD-D4800】高校生向けの電子辞書なんてあるんだね│英語学習中心って事だね

電子辞書の高校生向けモデルについて調べてみました。本格的な語学系の辞書がそろっている上に、参考書も充実しているようです。充実しすぎて、ちょっと無駄なコンテンツすら入っていそうですけどね。何にしても、上手く使えばかなり学習で役に立ちそうです。あと、大学に入ってからも使えそうですね。

1万円未満の電子辞書

電子辞書なんて最低限の機能で良いんじゃないか?│ 1万円も出せば十分な気がする

売れ筋の電子辞書の相場は、2万円台のものが多いようです。でも、この価格帯のモデルは、必要以上のコンテンツが入っているように思えます。コンテンツの量の意味でも必要以上ですし、必要以上にハイグレードのコンテンツが入っているという意味でもあります。10万語以上入っている英和の大辞典なんて、普通の日本人は使いませんよね。

オリジナルサービス

カシオの電子辞書ならオリジナルのボディーデザインが楽しめる

カシオの公式ショップであるe-casio を利用すると、電子辞書のボディをオリジナルデザインにする事が可能です。しかも、追加料金はかかりません。オリジナルボディで差別化をしたい人は、ぜひ利用していただきたいと思います。

手書きの電子辞書

書き込み可能な電子辞書│ たとえばSHARP brain シリーズの一部とかね

SHARP brain の一部機種には書き込み機能がついています。「手書き暗記メモ」と言います。でも、この機能、メーカーはあまり重要だと思っていないようですね。強くアピールすることは無いようです。提供される情報が少なく、情報収集にすごく苦労しました。便利そうなんですけどね。何故でしょうか。

余談・雑談

中国語は今の日本では特別な言語│ かの国が好きかどうかは別にして、必要性が高まっているのは事実でしょう

中国語は英語に次ぐ重要な言語になっているようです。英語学習以外の外国語学習モデルで、一番種類が多いのは中国語です。それ以外にも中国語を優先的に扱う例は、かなり多いようです。中国のことを好きか嫌いかは別にして、影響力が大きくなったのは間違いないようです。

amazon.co.jp の電子辞書の販売価格はちょっと不思議

amazon.co.jp の電子辞書は、同じモデルでも販売価格が違います。価格差が大きい場合は、数千円単位で違うこともあります。これだけ違うとなると、選ぶときには真剣になってしまいますよね。ちなみに、白よりも黒の方が人気があるようです。

オーソドックスな電子辞書では売れ筋にはなれないって事?

amazon.co.jp の電子辞書の売れ筋ランキングを見ていると、何かの特徴を持った機種が上位に来ているようです。具体的に言うと、高校生向けのモデルだったり、英語以外の外国語も出るなどですね。ということは、逆に言うと、オーソドックスなモデルは売れにくくなっていると言う事なのでしょうか?

電子辞書ってほとんど儲からないんだろうね│ シャープBrain(ブレーン)PW-A7300

生産台数から逆算すると、電子辞書1モデルの売上総額は10億円前後と考えられます。開発コストやら原材料費やらを考えると、ほとんど儲からないのでしょう。特に、メーカー全体の売上から考えると、誤差みたいな数字です。

最近の更新
カシオの電子辞書ならオリジナルのボディーデザインが楽しめる
カシオ エクスワードの中国語新モデルは出ないのかなあ│ 当面はXD-D7300 で行きそうですね
中国語は今の日本では特別な言語│ かの国が好きかどうかは別にして、必要性が高まっているのは事実でしょう
書き込み可能な電子辞書│ たとえばSHARP brain シリーズの一部とかね
おすすめの中国語学習モデルの電子辞書│ 日中・中日辞典収録モデルのご紹介
中国語モデルPW-A9300 の販売価格「高!」│ 4万円近いと学習目的にはちょっとね
中学生向け電子辞書なら1万円以下で何とかしたいよね│ 一般向けの安い機種でも十分だとは思います
amazon.co.jp の電子辞書の販売価格はちょっと不思議
コンパクトタイプの中国語学習モデル(手書き入力)がありました PW-AC30 │ ちょっと古いですけどね
シャープが中国語辞典(中日辞典・日中辞典)収録の電子辞書を発売へ│ シャープのモデルは久しぶりかな
伊日辞典?伊和辞典?│ 欧米の言語の場合は「和」を使うという解釈で良いのだろうか
中国語電子辞書のランキングって言われてもね│ こうなると好みの問題だよね
中国語モデルだけは高いものを選んだ方が良いかも│ おすすめは手書き入力機能がついているもの
電子辞書なんて最低限の機能で良いんじゃないか?│ 1万円も出せば十分な気がする
オーソドックスな電子辞書では売れ筋にはなれないって事?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。